kowrinkai

格闘カラテ★楽しんでます !KRK

威風堂々と凛 羽ばたいて鴻 縁尋機妙 多逢勝因 。KRKj2004

地上最強ではないけど、自己最強・最良のカラテ KRK

2011年09月

今日は5・6人デの稽古
大丈夫か鴻凛会。

ま、そのうち都会に(とはいっても行橋市内。築城の山奥よりは大都会)移るつもりなので・・・増やしてもね。入門した地元の方に迷惑かけるし( 一一)

で、少ない分気軽に内容もそれなりに。

後ろ蹴り特集
まずは『カケル』
キレが出てきたね。



次のバージョン



朋恵の飛び後ろ蹴り

地道に頑張る『トモエ』
試合には出たがりませんが、技は色々好きみたいですね。



彼女なりに出来ることを増やしているのが静かに感じられます。
あんなに小さく抱っこ出来ていた朋恵が・・・・
今日、抱っこしてみたが・・・・出来ませんでした。
妙にさみしいな。。。



お次はメグネぇーさんです。

少し硬いですが上達してます。



それはそうとコロコロ腹筋(アブローラー)

41yvkI0m1EL__SL500_AA300_


道場にあるのなんですが。

おチビさん達みんなできます。。膝ついてですが。
ハヤテなんてすばらしいぐらいフォームも立派です。

奴は運動神経凄いね。

10年後には・・このちびさん達に・・・勝てないのだろうか。。。
『まけるもんかぁぁぁぁ

   テクニックは人から教わることもできる。
     でも、ハートは自分で鍛えるしかない。
                         ラモス瑠偉

   俺のハートは鍛え抜かれているぜ


br_decobanner_20110723173109

人というのは三者三様・十人十色

僕はラー油とか好きな方

                       
CA3I0001


ありがとう ありがたく今から頂きます。

そしてバナナも好き。

PAP_0003


to-yのジィーちゃんからモラッタもの

昔飼ってた犬がね、僕のバナナをもの欲しそうに見てたので千切って上げたことがあるんです。
それはそれは、嬉しそうに『パクリ』

        
たけぞうの歯


・・・・・歯ごたえが気に入らないのか(林檎とか大根好き)瞬間動きを止めて、下を向いて・・
口から・・・ポトリ・・・バナナを落として僕をみあげて、少し悲しそうな目でみてました。

本人・・犬ですが。本人ことのほかバナナに驚いたように、バナナと僕を交互に見てました。
歯ごたえが『ネトーーーーーー』だったのでびっくりした様子です。

その後はソッポ向いてこんな感じ。。

かいかい

ちょっとムカつく
食べ物の個性も色々ありますが。
人の性格も色々。
十把一絡げとはイカナクテ。

まずは『チュウキ』
コイツの場合ちょっと気合い入れてゆくためにも、大声出して『行けぇー』『やらんかぁぁー』と言うと、テンションさがりまくりです。

『ショボクレンナー参上』です。

逆に褒めちぎると、鼻高々と胸を張る。そしてもう少し誉めると『ニタぁーーー』と(笑)二ヤケがおして顔を手で隠すほど恥ずかしがります。

それとは逆に『広重兄弟』
誉められたら嬉しいとか、テンションあがるとか、見た目にあまりなくて・・・。
試合も近いのでもっと勢い付けて気合い入れてやってほしいのですが・・・。
『やる気あるのか無いのか』悩むところ。

ココはひとつ、スパルタで・・・でも、そうすると終わった後自分が自己嫌悪・・
が、試合も近いしこいつ等の為だ。

で、怒鳴りつけるように言うと
『すげぇー』勢いでミットに向かっていき、コンビネーションも『す・て・き』になる兄弟

弟の方なんてスゲぇーー運動神経の良さが表に出てきます。
・・・・普段どれだけ手をぬいてやがる・・。

他にいい方法ないものか。

ちなみに、孝騎は空気読まない系。怒られ注意されている奴らのそばに寄ってきて、怒られなくてもいいのに、ついでに怒られる。。。

to-yは空気読みすぎ系。。。
稽古終わって誰かが注意されていたら、静かにモップを持って掃除。
そして、一緒に稽古している『ママの』斜め後ろに、スぅゥーーと隠れて気配をけす。。
『ミット稽古の時』とか『スパーの』ときとか、疲れないようにステップ使ってスパーをする。
それは素晴らしいが・・・スタミナ付かない。。。

足して弐で割りたい…良い方残らず、無くしたい方が残ったらどうしよう。。。

ちなみに『ママ』は、もう少し『フザケタ発想』で稽古すると良い気がする。
結構真っ直ぐ?なレディー?
例えば白鳥の湖踊りながら稽古するとか、炭坑節の動き取り入れるとか、マイケルジャクソンに成りきって、ピート・イっト踊るとか。…絶対しないだろうな(^_-)-☆

もうイっこ・・・我が道場はO型B型が同じ比率ぐらい、それに続いてAB型とA型が同じぐらい。A型は仕事などで、来れない日が多い大人達。僕A型

・・・・・っ・・・疲れます。・・・・これでも周りに気を使いながら
『よし、今から怒鳴るぞ気合い入れさせなくては試合だ 
疲れきってます。

て言うか、普通日本ならA型が六割ぐらいの比率でいるだろう。。О・B・ABが七割なのは何故だ(;一_一)

そういう事で、



頑張ります。

笑うから楽しいのだ。


    by ウイリアム・ジェームス


今日はスパイダーの解除とカツギと、掴まれている膝辺りの道衣をビシッときって三角そしてオモプラッタ。だったかな。
 
 

ce7cc228.jpg


スパーリングは今日はなし。

来週は7セット目指して頑張ろう。
時間的に無理だけど5セットは頑張ろう 

さて、稽古のときは褒めてもらえますが、スパーのときは動かないんですよね。
思いのままには。経験経験

来週は『おこちゃま』と『みっぺまま』 が見学に来るので・・頑張ってやられるとするか(*^_^*)

かなり涼しい今日この頃
試合に自ら出たいと言ったこの男。

イメージトレーニングしております。

なかなかお似合いですぜ 


PAP_0004


じゃーん トロフィーです。

彼はトロフィーが欲しいそうです。
盾とかじゃなくてトロフィー

で、イメージトレーニングなんですが。。。。

お母さん曰く。
『彼はこんな小さいのじゃなくて、もっと大きいのが欲しいみたいです』

・・・・・。

<(`^´)>小さいだと・・・。
身体と比べて言いやがれ

そしてお次は、
『おまえも撮るか』に静かに首を横に振る男

『撮りたいくせに』(*^^)v
はい、二ヤケ顔になったので撮りました。

PAP_0002


あっ、関係ないけど今日も『ジィーちゃん』見学来てたな。
次は着替え持ってくるように言っといてくれ。

おまえコーチな

そして最後まで
どうでもよさそうな顔で居たこの男。

・・・興味は無いのだろうか・・。

意外と無表情で意識しまくりだったりして。

PAP_0001

やはり静かに顔が二ヤケてるな。

さあ、イメージは出来上がりだ。

自分のトロフィー獲りに行こうぜ

  自分には出来ると思うのも正しい

       自分には出来ないと思うのも正しい。

         by フォード

フォードさんは『宇宙の豊かさにつながっているから、すべての財産を無くしても、また、豊かになれる。』と言っていたらしい。





br_decobanner_20110723173109

画像は北海道知床キャンプ場
18歳かな。
 
PA0_0084過去から読むのも面白そうなのですが、僕は近代から。
 10代の時に旅先で『拉致されないように気をつけろ』と言われました。

 もちろん僕は『そんなあほくさい事』と思っていました。

当時の政治家も『そんなことは無い』と言ってましたし。
その政党は、北朝鮮の出先機関だとか言われていますね。

その時は知らなかったしね(*^^)v 本当に言われたんです。
 『マジで日本人に見えても、少しでも違うと思ったらぜ全力で逃げろ』って。

 すっかり忘れてましたが、あの拉致事件発覚後思い出しました。

 鳥肌立っちゃいました。それから色々本読んだりネット観たり。
教えられた事と違いますね。

 反日的なところと両方読んでみたら解ります。

 『腑に落ちる』のです。なにがって? すべてが。

『なるほどねぇぇぇ』ってね。 皆さんも少し勉強した方が良いです。被害者意識の国とか人がどんな状態かわかりますね。

よく海外に行く人に、海外のこと、聞いてみたりとか、
どの国の人が嫌いか。 面白いよ

ある女性のお話をしてみようと思います

その女性は、昭和14(1939)年のお生まれで、今年72歳になります。

彼女は、中卒で掃除のおばちゃんをしています。
けれど彼女は、あのビル・ゲイツ(Microsoft社社長)と対等に話せ、招待される友人でもあります。


彼女は、幼いころご両親を亡くされました。
中学を卒業した彼女は、だからすぐに働きにでなければならなかった。

関西で育った彼女は、地元の大手百貨店に就職のための面接を受けに行きます。
けれど面接官の人は、彼女が孤児であることから、最初から冷たい。

自分を受け入れてもらえることはない、と確信した彼女は、
「私のような者に働き口を提供するのも、あなたがたの仕事なのではありませんか?
これで失礼します」と、席を立った。

自分ではどうすることもできないことで、自分が評価され、見下される。
14歳の彼女は、辛くて、悲しくて、涙が止まらなかった。

いまから60年も昔の出来事です。


彼女は、結婚し、一児をもうけ、家計のためにと働きに出ます。
仕事は、掃除のおばちゃんでした。

出勤は早朝、時間は不定期で、土日も出社。帰宅が極端に遅くなる日もある。
けれど彼女は一生懸命仕事をして、いつしかマイクロソフト日本支社のビルの清掃責任者となりました。
30名余の部下を使い、みずからも清掃を行う。

ある日のことです。
男子トイレの掃除を終え、清掃道具を持ってそこから出ようとしたとき、背の高い外人と入り口でぶつかりそうになりました。

その外人さんは、「 I'm sorry」と言った。
おばちゃんは、おもわず「ヒゲ、ソーリー」と答えた。

日本語のわかるその外人さんは、笑いながら、自分のあごの周りを撫でるふりをしながら「ひげ剃り?」と笑った。
おばちゃんも笑った。

その外人さんが、ビル・ゲイツでした。

大の日本好きであるビル・ゲイツは、マイクロソフト社の中で、いつも日本の作務衣を着ているそうです。
他の社員さんたちは、重役も平社員も、みんな背広にネクタイです。
ビルの中で、ビル・ゲイツひとりが作務衣を着ている。

そしてどこに行くにも、常にビル・ゲイツには、二名のボディガードがついています。
トイレに行くときは、ボディガードは、トイレの入り口前に立つ。

だからそのとき、ビル・ゲイツは、ひとりでトイレのドアを開けて入って来たのです。

ほんの、ひとこと二言の会話でした。
トイレで鉢合わせし、ヒゲソーリーと冗談を言ったなどというのは、誰でもすぐに忘れてしまうような、ほんの些細なできごとです。

ところが、それから間もなくしてあったクリスマスイブの社内パーティで、おばちゃんは突然、パーティーに参加するようにと内線電話で呼ばれます。

仕事中だし、他の掃除のおばちゃんたちもいるしと断ると、しばらくしてまた内線がかかってきました。
「おばちゃんたち全員、参加してください、ビル・ゲイツ社長からの直々の依頼です」というのです。

やむなくおばちゃんは、当日出社していたおばちゃんたち全員を呼び、みんなでパーティ会場に行きました。
おしゃれなんてしていません。
普段の作業衣のままです。

こわごわと会場に入って行くと、そこにはたくさんの社員さんがいる。
ビル・ゲイツもいる。
普通の社員さんだって、ゲイツと直接会話なんて、なかなかできません。

そのビル・ゲイツが、おばちゃんを見つけると、とっても嬉しそうな顔をして、よく来てくださいました、とおばちゃんを抱きかかえんばかりに歓迎した。
そしてみんなにも、このおばちゃんは、すごい日本人で、自分が大好きな人ですと紹介してくれた。

一緒にいた他の掃除のおばちゃんたちにも、ビル・ゲイツが単なるおべんちゃらではなく、本気でこのおばちゃんを尊敬し、親しみを込めていることがわかったそうです。
それほどまでにビル・ゲイツはおばちゃんを歓迎した。


この話を聞いて、ボクは大変に感動しました。

掃除のおばちゃんたちというのは、会社の中ではいわば日陰の人です。
トイレで出会っても、廊下ですれ違っても、その存在自体が意識すらされない。

けれど日本びいきのビル・ゲイツは、どんなに汚い仕事でも、どんなに辛くても、何十年でもそれを誠実に行い、しかも「ヒゲソーリー」というくらい、ユーモアとウイットを忘れず、堂々と自らの仕事に精を出す。

そんな本来の日本人の典型を、彼女の中に見いだしたのであろうと思うのです。

作務衣を着て、日本が大好きなビル・ゲイツには、彼女が誠実に毎日の清掃をしていること、自分の仕事に誇りを持って生きていること、そして彼女が胸を張って堂々と生きていることを、瞬間に見抜いた。

だからこそ彼の心の中に、彼女への尊敬の念がわき起こり、トイレであった小さなその事件を忘れず、パーティに全員を招待した。
そういうことであろうと思うのです。

世界を知る大人物のビル・ゲイツが、日本でただひとりの信頼できる友人とまで称したこのおばちゃんは、今年で72歳になられます。

同じ歳の旦那さんは、ある会社の経理をしていて、定年後もその手腕を買われて会社に残り、たいへんな高級をとっておいでの方です。
つまり、彼女は、別に働かなくたって、十分飯を食って生けれるだけの収入がある。

けれど彼女は言います。
「働かないと体がなまるし、働くことで毎日人様のお役に立てれることがとっても嬉しいのです」


明治のはじめ、日本にやって来た外国人たちは、日本人がとってもきれい好きで、庶民たちもとってもよく笑い、とっても明るく、自分の仕事に誇りを持って日々を送っている姿に、たいへんな感動をしています。

以下に櫻井よし子さんが自由者の「新しい歴史教科書」に寄稿した文章の一部を転載します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「江戸参府紀行」を著したジーボルトは、日本では身分の違いは、欧州よりもなお厳しい格式で隔てられてはいるが、人々は同胞として相互の尊敬と好意によって堅く結ばれていると書いた。

「武士の娘」を著した杉本鉞子(えつこ)は、「召使いは地位は低くても、家族として扱われ、主人とともに喜び、共に悲しみ、また主人も召使いを親身になって世話したものでありました」とし、しかし互いに親しみ、思いやりあう主人と召使いであっても、「主従の間がみだりになれなれしすぎるということはありませんでした」とも書いた。

人の上に立つ者ほど己を厳しく律することが自明の理とされた日本で、身分の下の人々もまた、満ち足りた幸福そうな笑顔を浮かべて暮らしていたことに、諸外国の人々は驚いた。

その日本を指して、在日フランス大使となったポール・クローデルは、「彼らは貧しい。しかし、高貴である」と語った。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もうひとつ。日心会のMLから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結しました。

翌日の5日に英国の豪華客船「クイーンエリザベス2号」が入港してきたのですが、折悪しくも2ノット半の急流となっていたハドソン川の流れに押された巨大な客船が、4隻のタグボートの懸命な操船も虚しく、係留中の海上自衛隊練習艦「かしま」の 船首部分に接触する事故 を起こしてしまいました。

着岸したクイーンエリザベス2号からすぐさま、船長のメッセージを携えた機関長と一等航海士が謝罪にやってきました。

相手の詫び言に対応した「かしま」艦長・上田勝恵一等海佐はこの時、こう答えたそうです。

「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。
それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております!」

これが何千人もの船乗りたちの間で大評判になり、ニューヨークだけでなく、ロンドンにも伝わって「タイムズ」や「イブニング・スタンダード」も記事にし、日本のネイバル・オフィサー(naval officer:海軍士官)のユーモアのセンスを評価する声が高かったそうです。

この事故、場所が英国と日本の治外法権の場所(米国)ということで、下手に揉めれば論争に発展する可能性がありました。

また、もしそうなった場合、英国の威信を少なからず傷つけることにもなりかねません。

このような状況をサラリとユーモア一言で片付けた上田勝恵一等海佐の対応能力は相当優れていたと言えるでしょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

個人主義が蔓延し、自分さえ良ければと、人の足を引っ張ったり、文句を言ったり、揚げ足を取ったりという風潮が蔓延するいまの日本の中で、いまだ日本人の日本的心をしっかりと持った人達がいる。

そういう人を一瞬で見抜いたビル・ゲイツは、大の日本びいきの人でもある世界最高峰のビックマンであった。

そしてビル・ゲイツが尊敬する日本人というものが、毎日を誠実に生き、ユーモアとウイットを失わず、日本人としての心を持って生きている普通のおばちゃんであった。

そのことに、ボクはなにかとても感動し、考えさせられるエピソードだと思い、ご紹介させていただきました。

↑このページのトップヘ

KRK