提案です。

                      心身の機能を発達維持させ

60代でも30代のつもりで
自分自身が勘違いするほど、 
アドバイスサポートしたい  
  

 90代でも自由自在  
身体が硬くても 『しなやかさ』があるように  
180° 脚が開かなくても、
100°しか開かなくても  
その100°の範囲で自由自在に使いこなせるように。    

 笑顔 お洒落 香り
 人は寝たきりにならずに生きていける  
20代の身体は無理でも、元気な90代にはなれる。   
歩けるし、投げれるし、踊れるし、笑える。   
自由自在でいれる 

微笑み言葉と 信頼言葉 

素直で素敵で素晴らしい 思考
楽しく楽しむ たくましい  言葉
華麗に華激にかっこいい  行動





提案です。

 カラテの時だけでかまいません。
稽古の時の態度など観ていて、親ごころでつい、『真剣さが足りない』とか、『ふざけ過ぎ』と思えて、
小言を言いたい時もあると思いますが。。。。。

叱ったり、怒ったり。
カラテの時の嫌われ役は、必要と思えば僕がしますので。

お父さんお母さんは、『会話』をお子さんとしてください。
『会話』ですよ。

説教じゃないですよ。会話です。

子供に質問してあげてください。
『今日も頑張れた?』
『難しかった?』
『みんなと協力して出来た?』
『痛かった?』
『怖かった?』 と。

笑顔で『聴いて』あげてください。

『出来なかった。』『途中で飽きた。』『さぼりたかった。』『怒られてやる気なくした。』『○○君が邪魔した。』 
ネガティブ、否定的、後ろ向き。
そんな言葉でも優しく『そうなんだ』『疲れたの』『どうして 怒られたの』『なぜ、邪魔したんだろうね。』
優しく『会話』してください 。
一緒にその時の気持ちを感じてください。

解決策がほしい時は、きっと本人から相談してくると思いますよ。
『こういう風にしなさい』ではなく、本人が自分で考えてみるのが良いと思います。

でも、気になって口出ししたいでしょうから『一緒に考えよう』と言ってください。


教育方針と合わないかもしれませんが『カラテ』の時だけは。

『聴く会話』 を親御さんも実践してみましょう。

色々と我が子には言いたいでしょうが、キツイ練習にさんかして、怖い思いをして、痛い思いをして、しっかり行動を起こし実践しているんです。

その行動を褒めなくてもよいので認めてあげてください。
認めること???褒めるより難しいかな?。ある意味難しいと思います。

結果なんて言うのは遠い将来のもので良いと思います。

今、行動して、本人が悩んだり不安だったり・・・。それでも参加していることを認めて。
試合なり昇級なり、目標や結果に向かい進んでいる 。その。『過程』を認めてあげてください。

稽古に参加して行動してるんですよ。『感動して』ください。 

何かを成せるために『子供だまし』はいりません。
ま、『方便』と言う言葉もありますが・・・。(だますことを教えるのは・・・・)

ゲームをしたいのに、カラテの稽古に来たんです。

大人だって仕事とかお付き合いをしたくない時ありますよね。


今経験をしている最中です。その中の一つが『カラテ』です。
子供が話す言葉を楽しんでください。

せめてカラテの時は、お願いします。

親の顔色だけをウカガッテ、『反応する』言葉と態度でなくて、
親と共に顔の色つやを良くする会話を増やしましょう。
保護者の皆さんへの提案

カラテの時だけでかまいません。
稽古の時の態度など観ていて、親ごころでつい、『真剣さが足りない』とか、『ふざけ過ぎ』と思えて、
小言を言いたい時もあると思いますが。。。。。

叱ったり、怒ったり。
カラテの時の嫌われ役は、必要と思えば僕がしますので。

お父さんお母さんは、『会話』をお子さんとしてください。
『会話』ですよ。

説教じゃないですよ。会話です。
子供に質問してあげてください。
『今日も頑張れた?』
『難しかった?』
『みんなと協力して出来た?』
『痛かった?』
『怖かった?』 と。

笑顔で『聴いて』あげてください。

『出来なかった。』『途中で飽きた。』『さぼりたかった。』『怒られてやる気なくした。』『○○君が邪魔した。』 
ネガティブ、否定的、後ろ向き。
そんな言葉でも優しく『そうなんだ』『疲れたの』『どうして 怒られたの』『なぜ、邪魔したんだろうね。』
優しく『会話』してください 。
一緒にその時の気持ちを感じてください。

解決策がほしい時は、きっと本人から相談してくると思いますよ。
『こういう風にしなさい』ではなく、本人が自分で考えてみるのが良いと思います。

でも、気になって口出ししたいでしょうから『一緒に考えよう』と言ってください。


教育方針と合わないかもしれませんが『カラテ』の時だけは。

『聴く会話』 を親御さんも実践してみましょう。

色々と我が子には言いたいでしょうが、キツイ練習にさんかして、怖い思いをして、痛い思いをして、しっかり行動を起こし実践しているんです。

その行動を褒めなくてもよいので認めてあげてください。
認めること???褒めるより難しいかな?。ある意味難しいと思います。

結果なんて言うのは遠い将来のもので良いと思います。

今、行動して、本人が悩んだり不安だったり・・・。それでも参加していることを認めて。
試合なり昇級なり、目標や結果に向かい進んでいる 。その。『過程』を認めてあげてください。

稽古に参加して行動してるんですよ。『感動して』ください。 

何かを成せるために『子供だまし』はいりません。
ま、『方便』と言う言葉もありますが・・・。(だますことを教えるのは・・・・)

ゲームをしたいのに、カラテの稽古に来たんです。

大人だって仕事とかお付き合いをしたくない時ありますよね。


今経験をしている最中です。その中の一つが『カラテ』です。
子供が話す言葉を楽しんでください。

せめてカラテの時は、お願いします。

親の顔色だけをウカガッテ、『反応する』言葉と態度でなくて、
親と共に顔の色つやを良くする会話を増やしましょう。